にんにく

 

どれだけ、食物の王様にんにくちゃんが精力満点で体に良いといえども、あんましアホみたいに食べすぎたらあきませんよ。

なぜ身体にいいはずのにんにくちゃんを食べすぎたらアカンのかというと、胃が痛くなったり、下痢気味になったり、貧血気味になったりして、ずいぶん辛い目に遭うからですわ。

まあ、なんぼ身体にええもんやからっていうても、適量いうもんがあるからね。

にんにくちゃんにも、もちろん適量があるわけですわ。

じゃ、にんにくちゃんの適量てどんだけやねん?って話になると思うんですが、焼いたにんにくちゃんならば3かけら、レアなにんにくちゃんならば1かけらぐらいがバッチリ適量といえますわね。

腹ペコでいきなりにんにくちゃんを胃に投下するのはデンジャラス。ハッキリ言って、馬鹿者のやることですわ!

自ら腹痛を起こしに行ってるようなもんですよ、そんなもん。

適量と食べるタイミングをよーく考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です